和建設計事務所ホーム会社情報サービス案内採用情報
実績案内

● 河川部門

河川計画、河道予備設計等堤防、護岸設計調整池、調節池、貯留浸透施設、遊水池、ため池樋門、樋管設計水門設計揚排水機場設計堰・頭首工設計環境整備、水環境改善施設設計防災・水防施設、危機管理その他河川関連施設設計管理基図作成、データ整理等

● 砂防部門

砂防堰堤、土石流対策計画設計地滑り、法面対策計画設計

● 都市部門

開発設計擁壁、その他都市構造物設計

道路部門

下水道部門

その他土木設計部門

近年の業務実施実績の概要はコチラ

河川部門(樋門、樋管)

H15 年~H22 年(至近2 年程度は青文字表記
件 名 工 期 概 要
〔樋門樋管設計関連〕
〔樋管設計〕
S 川護岸詳細設計 H16. 7~H16.10 多自然型護岸詳細設計
延長 L≒860m
T 川泉地区排水樋管設計 H14. 9~H15. 4 断面B1.0×H1.0×1 門
延長 L≒15.0m 排水路含む
S 川排水樋管修正設計 H14.11~H15. 4 急内ポンプ場の吐水槽修正
K 川排水樋管詳細設計 1 基
K 川排水樋管詳細設計 H15. 9~H15.10 吐口工 2 基 ゲートなし
S 川排水樋管詳細設計 H15. 9~H16. 2 排水樋管詳細設計 2 基
S 町地区排水樋管詳細設計 H15.10~H16. 3 断面 B2.80×H1.60
延長 L=40.0m 浮体ゲート
H 崎樋門他1 件設計業務 H15.10~H16. 2 樋管詳細設計2 基 排水樋管B2.5×H2.5×
2 連 取水樋管 B1.0×H1.0×1 連
I 排水樋管詳細設計 H15.12~H15.12 排水樋管詳細
断面 B1.5×H1.5 延長 15.0m
O 遊水池排水樋管設計 H15.12~H16. 3 樋管詳細設計 2 基
B1.0×H1.0 フラップゲート付 L=16.0m
K 川樋管詳細設計 H16. 6~H16. 8 樋管詳細設計 2 基
断面 1.0×1.0 架樋修正設計
N 川排水樋管詳細設計 H16. 6~H16. 7 樋管詳細設計 5 基
スライドゲートB1.2×H1.2 L≒8.0m
H 樋管詳細設計 H16. 6~H16. 9 取水樋管 1 基 特殊堤設計
S 川排水樋管詳細設計 H16. 7~H16. 7 排水樋管詳細1 基 断面φ1000,高耐圧
ポリエチレン管 延長L=10.0m,フラップゲート式
K 川排水樋管設計業務 H16. 9~H17. 1 排水樋管1.0×1.0 2 基
フラップゲート付
N 川排水樋管設計 H16.10~H17. 3 既設護岸の構造検証
Y 地区排水樋門設計業務 H16.10~H17. 3 樋管規模 1 号 B3.0×H1.6×1 連 L=19.6m
2 号 B1.0×H1.0×1 連 L=21.7m
A 遊水池排水樋管設計 H16.12~H17. 3 排水樋管詳細 3 基 フラップゲート
断面1.0×1.0 2 基,2.0×1.0 1 基
O 遊水池樋管詳細設計 H17. 1~H17. 3 樋管3 基詳細
1.0×1.0 2 基(フラップゲート) 3 連BOX 1 基
Y 川排水樋管詳細設計 H17. 2~H17. 3 排水樋管 B1.0×H1.0 1 門
浮体式ゲートタイプ
K 川排水樋管詳細設計 H17. 4~H17. 7 排水樋管2 基 フラップゲート
B1.0×H1.0 L=5.0m, φ700 L=5.0m
K 川排水樋管設計 H17. 4~H17. 7 排水樋管詳細設計5 基 フラップゲート
B1.2×H1.2, B1.0×H0.9, B1.4×H1.4 他2 基
T 川排水樋門詳細設計 H17. 9~H17.11 カウンターウエイト式フラップゲート
B1.0×H1.0×1 連 L=15m
C 池取水樋門詳細設計 H17. 8~H17. 9 取水樋管(プレキャストボックス)
B1.0×H1.0 L=55.1m, ゲート2 箇所
M 川排水樋管詳細設計 H17.12~H18. 3 柔構造樋管 B3.0×H3.0 L=25.0m
Y 排水樋門詳細設計 H17.12~H18. 3 柔構造,強制排水樋門
B1.0×H1.0 L=30.0m 2 基
S 川排水樋管詳細設計 H18. 1~H18. 3 排水樋管 フラップゲート
B1.0×H1.0 L=20.0m
N 淵樋管詳細設計 H18. 4~H18. 5 既設樋管改築 B1.0×H1.0 L=20.0m
良質土置換え工法
O 樋門詳細設計 H18. 5~H18. 8 取水樋門及び排水樋門 フラップゲート
B1.0×H1.0×2 基
N 地区排水樋管設計 H18.12~H19. 3 M 川右岸2 箇所の排水樋管詳細設計
1.0m×1.0m の一連、樋管長は約30.0m
HH 川樋門詳細設計 H18.12~H19. 3 排水樋門詳細設計
断面 8.5m×5.1m 2 連 L=82m
U 川排水樋門詳細設計 H19. 1~H19. 3 樋門新築設計業務
断面:5.8m×4.4m×3 連 長さ:L≒35m
N 川樋管設計(その2) H19. 4~H19. 7 排水樋管詳細設計 1 基
断面1.3m×1.3m L≒10.0m 門柱付き
I 川排水樋管詳細設計 H19. 6~H19. 7 排水樋管(1.0m×1.0m,フラップゲートタイプ)の配筋
図作成と数量計算
T 地区樋管概略設計 H19. 6~H19. 6 NO.1 樋管 断面2.5m×1.75m L=10.0m
NO.2 樋管 断面1.25m×1.25m L=10.0m
K 川排水樋門詳細設計 H19. 7~H19. 9 排水樋門(1.0m×1.0m 程度,門柱あり)の配筋図
作成と数量計算
O 樋管補修等設計業務 H19. 9~H19.11 A 川の排水樋管3 箇所の補修設計
R 漁港海岸堤防樋門詳細設計 H19.11~H20. 1 海岸堤防樋門(2.5m×2.5m 2 連)の図面作成及び
数量計算(仮設含む)
Y 取水樋管詳細設計 H19.10~H20. 1 既設取水樋管の継ぎ足し
B1.0×H1.0×1 門 L=30.0m 柔構造樋門
O 川排水樋門詳細設計 H19.12~H20. 3 B3.0×H1.6×1 門 L=31.5m 剛構造樋門
H 排水樋管詳細設計 H19.12~H20. 3 樋管断面:約5.9m2×2 連
樋管長:約29m 構造形式:柔構造
Y 川排水樋管詳細設計 H20. 1~H20. 3 排水樋管詳細設計1 基(柔構造,1.0m×1.0m,
門柱なし,フラップゲート形式)
M 地区排水樋門詳細設計 H20. 1~H20. 3 信濃川左岸側の排水樋門断面B1.0×H1.0
延長 L=10.0m
T 川取水樋管詳細設計 H20. 2~H20. 3 樋門(門柱あり,1.0m×1.0m)1基の配筋図作成
と数量計算
Y 川排水樋管詳細設計 H20. 3~H20. 3 樋門(門柱なし,1.0m×1.0m)の配筋図作成と数
量計算
T 川樋管詳細設計 H20. 1~H20. 3 樋管断面 B1.1×H1.1×1 門
樋管長 約7.0m フラップゲート
Y 川排水樋管詳細設計 H20. 2~H20. 3 排水樋管詳細設計(柔構造,門柱なし,1.0m×
1.0m,フラップゲート形式)
I 樋門一般図作成 H20. 2~H20. 2 樋門一般図作成4 基
N 川排水樋管詳細設計業務 H20. 2~H20. 4 排水樋管詳細設計1 基
C 川排水樋管詳細設計 H20. 3~H20. 6 樋管断面:1.0m×1.0m L=20.0m
N 川排水樋管(その3)
詳細設計
H20. 4~H20. 6 排水樋管詳細設計業務 2 基
断面1.0m×1.0m
N 地区排水樋管変更設計 H20. 4~H20. 5 既往業務で詳細設計を行ったが敷高の変更に
伴い修正を行う。
T 海岸排水樋門詳細設計業務 H19.11~H20. 8 排水樋門詳細設計(1 基)
既設樋門撤去2基 堤脚水路設計L≒540m
S 川排水樋管詳細設計業務 H20. 1~H20. 3 S 川左岸18.19k 付近に排水される雨水幹線排水
路の排水樋管
Y 海岸排水樋管詳細設計 H20. 4~H20. 9 断面:2.0m×2.0m 長さ:17.0m
護岸:条件範囲10.0m
M 樋門修正設計 H20. 4~H20. 5 操作台寸法変更,翼壁長の変更,プレロード盛
土を考慮した改良長の検討
T 川排水樋管詳細設計 H20. 4~H20. 6 T 川改修計画に伴う農業用水路の出口に排水樋
管の改築設計
O 樋門修正設計業務 H20. 5~H20.12 O 樋門 I 樋門 O 樋門修正設計業務(3 基)
M 川排水樋管詳細設計 H20. 6~H20. 8 柔構造樋門 LEVEL2 対応 M 川 No19+
20.0 付近 B1.60m×H1.60m 延長約15.0m
掃出樋管吸水槽詳細設計業務 H20. 7~H20. 8 既設掃出樋管揚水機場改築に伴う吸水槽の詳
細設計業務
Y 川排水樋管修正設計 H20. 8~H20.10 川表川裏胸壁底版の形状と幅及び堤外水路(暫
定計画時でも作成)の変更設計
N 川排水樋管詳細設計業務 H20. 8~H20.10 断面:1.8m×1.8m L=13.0m 門柱付きスライ
ドゲート 上屋なし
S 川排水樋管詳細設計業務 H20. 8~H20. 9 排水樋管詳細設計業務 1 基
道路詳細設計 護岸工
H 花輪川樋管修正設計 H20. 9~H20.11 築堤変更設計及び排水樋門仮設変更設計
N 川排水樋管詳細設計 H20. 9~H20.11 断面:1.0m×1.0m 敷高:YP+6.86 延長:L≒
7.0m フラップゲート 柔構造基礎
A 樋管照査業務 H20. 9~H20.10 排水樋管工事前の設計業務の照査
A 樋門詳細設計業務 H20. 9~H20.12 断面:1.8m×1.2m L=16.5m 鋼製ローラーゲ
ート1門 操作室あり 柔構造形式
N 川排水樋管(NO.77)
詳細設計
H20.10~H20.11 規模:断面 1.0m×1.0m L=8.0m
バランス型フラップゲート
G 樋管撤去設計 H20.12~H21. 3 既設樋管撤去に伴う築堤護岸及び低水護岸の
詳細設計
M 川排水樋管詳細設計業務 H21. 1~H21. 4 M 川改修に伴う生じる排水樋管の詳細設計業務
K 川分水施設詳細設計 H21. 2~H21. 4 取水樋管1 基
取付護岸詳細設計L=50m
K 排水樋管川裏
補修設計業務
H21. 7~H21. 9 既設樋管規模:1.75×1.75×2 連
翼壁幅4.05m 長さ4.63m
H 川樋門代替案設計 H21. 7~H21. 7 農林設置のポンプ場を設置しない場合の図面
作成、数量計算
U 川取水施設詳細設計 H20.12~H21. 8 ラバー堰1 基,取水樋管2 基,取水樋管
1 基 以上の詳細設計
N 川樋管修正設計 H21. 6~H21. 7 継手形式が改良型カラーから通常カラーに変
N 地区排水樋門詳細設計 H21. 7~H21. 8 Y 川右岸に設置される排水樋門詳細設計
規模:1.0m×1.0m 1 連 門柱レス
K 川下流Y 地区
堤防・樋門詳細設計業務
H21. 7~H21.12 K 川右岸8.0km 付近
築堤詳細設計:L≒0.5km(片岸)
A 川排水樋門詳細設計 H21. 7~H21. 9 樋門本体長11.6m,函渠断面B3.0m×H1.5m,1
連樋門の配筋図作成と数量計算
K 樋門予備設計 H21. 9~H22. 3 樋門予備設計 N=2 基
K 川樋門基本設計業務 H21. 9~H21.10 K 川に計画されている樋門4 箇所の一般図作成、
概算数量算出
M 川中流S 地区
排水樋門詳細設計業務
H21.10~H22. 1 排水樋門3 基の詳細設計
O 川上流A 地区
樋門詳細設計業務
H21.10~H22. 2 樋門の詳細設計にあわせて見直しを行うもの
である。断面1.0m×1.0m 1 基
A 川排水樋管修正設計業務 H21.11~H22. 1 既設計済みの排水樋管2 基について設計基準改
訂に伴い見直しを行う。
T 川他排水樋管詳細設計 H21.12~H22. 3 樋門3 箇所・排水工2 箇所 吐口工 5 箇所(φ
300 360°巻,□1500×1500 他)
T 川樋管変更設計 H22. 2~H22. 3 T 川排水樋管詳細設計の変更設計
M 川樋門修正設計業務 H22. 1~H22. 2 樋門縦方向の計算やり直し、その他護岸の修正
と川表翼壁天端に転落防止柵の設置。
M 左岸樋管撤去設計 H22. 5~H22. 6 A 川 68K 付近 M 地区 左岸
撤去樋門 7基
〔樋管設計 (耐震性能照査、L2検討)〕
N 中流地区河川施設詳細設計 H21. 5~H21. 8 A 川左岸58k 付近 築堤詳細L=600m 排水樋管
詳細設計 L2 耐震性能照査
H 地区河川施設詳細設計 H21. 9~H22. 7 N 地区対岸の築堤、樋管詳細設計
築堤 L=500m 樋管2 基 L2 耐震性能照査
T 沼排水樋管詳細設計 H20.12~H21. 6 T 沼に排水される雨水排水施設の排水樋管5 カ
所の詳細設計 (L2 検討)
M 川A 工区輪中堤樋管詳細設計 H21.10~H22. 3 A 県M 川A 地区 輪中堤・排水樋門詳細設計 L2
耐震性能照査
A 樋門詳細設計 H21.11~H22. 2 S 川 右岸側 樋門詳細設計B1.80m×H1.20m×
L17.0m L2 耐震性能照査含む
U 雨水ポンプ場排水樋管設計 H21.12~H22. 3 雨水排水ポンプ場排水樋管設計(B1.5×H1.2×
L25m×1 連) L2 検討含む

● 河川部門

河川計画、河道予備設計等堤防、護岸設計調整池、調節池、貯留浸透施設、遊水池、ため池樋門、樋管設計水門設計揚排水機場設計堰・頭首工設計環境整備、水環境改善施設設計防災・水防施設、危機管理その他河川関連施設設計管理基図作成、データ整理等

● 砂防部門

砂防堰堤、土石流対策計画設計地滑り、法面対策計画設計

● 都市部門

開発設計擁壁、その他都市構造物設計

道路部門

下水道部門

その他土木設計部門

近年の業務実施実績の概要はコチラ